電子銃電源、高圧電源、イオン銃電源、X線、特注電源は高圧電源と電子応用機器のフューテックスにおまかせください。




高圧電源をカスタマイズする製品はハイパフォーマンスが魅力
こちらでご紹介するのは、当社の高圧電源専用に開発した製品です。フューテックスでは、お客さまの装置やご要望に合わせて高圧電源をカスタマイズする際、こちらでご紹介している製品をおすすめしています。

コンデンサレンズ電源


IB303、およびFE303シリーズ専用のオプションです。お客様側システムのレンズが、静電レンズの場合のみ対応します。フローティングタイプですので小型軽量で、高圧電源本体を改造することもなく装填できます。後付け(外付け)でレンズ電源を搭載するよりも、性能的にもコスト的にも圧倒的に有利です。 出力電圧は、加速電源電圧、およびお客さまの仕様により変更が可能です。
詳細は、IB303、およびFE303シリーズの製品のPDFファイルをご参照ください。

オブジェクトレンズ電源(SV-OLNS-I、E)


IB303、およびFE303シリーズ専用のオプションです。お客さま側システムのオブジェクトレンズが、静電レンズの場合のみの対応で、高圧電源本体を改造することなく装填できます。出力電圧は、加速電源電圧、およびお客さまの仕様により変更が可能です。
詳細は、IB303、およびFE303シリーズの製品のPDFファイルをご参照ください。

リモートコントローラ(HVRMT-I、HVRMT-E)


IB303、およびFE303シリーズ専用に開発されたリモートコントローラです。イオン銃電源シリーズ専用のHVRMT-Iと電子銃電源シリーズ専用のHVRMT-Eがございます。高圧電源本体同様にカスタマイズに対応いたします。また、高圧電源本体のパネルに組み込むことも可能です。

オペレーションソフト(HVOPE-I、HVOPE-E)


IB303、およびFE303シリーズ専用に開発されたオペレーションソフトです。各種電源電圧の設定やリアルタイムモニター機能はもとより、各電源の立ち上げをオートマチックでシーケンシャルに制御する為の設定が簡単にできる、シーケンスエディター機能を標準装備。本来のカスタマイズやオプション追加に合わせて、GUIや機能をカスタマイズして納入させていただきます。













  by Adart link Page Top
Copyright & Copy; 2013 Futex co., ltd. All rights reserved.